全ての問題を解決する製品がなかった。だから作りました!

  • 製品コンセプト
  • 価格・構成
  • 機能一覧

製品コンセプト

正しいIT資産管理体制を維持する為には、ライフサイクルの管理(構成管理/ソフトウェア資産管理/証跡管理/調達~廃棄)、業務プロセス(初期導入、資産管理状況の通知、棚卸)、管理者作業の効率化(インベントリ収集、ワークフロー、ソフトウェア辞書)等様々な要素に対して検討が必要になります。
全てのお客様に、正しいIT資産管理を提供する事を目標に、本ソリューションを構築致しました。

目標レベル:ソフトウェア資産管理コンソーシアムによる評価プログラム「ソフトウェア資産管理の成熟度レベル 3 」を早期実現

なぜ成熟度レベル3か?

「組織全体の方針・規程・管理体制等が適切に定められており、それらの内容に重大な欠陥は無いレベル」を実現する事で、継続性のある IT 資産管理体制が証明されます。

概要

1. 4台帳として ライセンス管理台帳ライセンス関連部材管理台帳ハードウェア管理台帳導入ソフトウェア管理台帳を整備しています。BSA(Business Software Alliance)で提供されているデータモデルに独自の拡張を加え、履歴管理機能を完備することで、過去の特定時点での資産管理状況を参照することができます。

2. ポータルサイトに情報を集約し、管理者だけでなく使用者も利用することで、利用者の意識向上/コンプライアンス違反抑止効果/情報集約効果を見込めます。また、ライセンス契約に基づいた様々なアラートを発信することで、発生したリスクに対して、タイムリーな対応を行うための業務的起点を提供いたします。

3. ワークフローにより、証跡管理/進捗管理が可能になります。BSA(Business Software Alliance)で提供されているソフトウェア資産管理ドキュメント類の雛形を基にした「申請書」で正しい管理方法を効率的に実現いたします。

4. インベントリ収集ツールからのデータを連携し、効率的に実態を管理することができます。また、インベントリ収集ツールのデータと統合して管理可能な、「オフラインインベントリ」をご用意しております。「オフラインインベントリ」はWindowsだけでなく、Macにも対応しております。

5. 管理者の方が主導で実施する棚卸支援機能(管理者主導)では、ハンディーターミナル上で作動する専用ツールを用いて効率的に実施いただくことができます。また、ポータルの特性を活かし、利用者による棚卸支援機能(利用者参加型)も実現しております。棚卸結果は台帳とは別に保存され、是正状況を記録することができます。


価格・構成

PerfectWatch for Asset-LifeCycle On Premise Edition

マイクロソフト製品を活用し、SAM体制構築に必要な機能・サービスを提供します。また、ワークフローを含め、効率的な運用を実現出来ます。

【前提環境】
■サーバ環境
  • Active Directory
  • Microsoft SharePoint Server 2010
  • Microsoft System Center Configuration Manager 2007
  • Microsoft System Center Configuration Manager 2012
  • Microsoft SQL Server 2008
■クライアント環境(参照端末)
  • Internet Explorer 7.0以降
■クライアント環境(オフラインインベントリ)
  • MacOS(10.3.9、10.4.x、10.5.x、10.6.x)
  • Windows(NT4.0/2000/XP/Vista/7)

【提供価格】
弊社にお問い合わせください

機能一覧

台帳管理機能
所有ライセンス管理 所有ライセンス(4台帳の一つ)およびライセンスの必要条件となる部材(4台帳の一つ ライセンス関連部材)を管理することができます。
CPUライセンスやデバイスライセンス、アップグレード利用、ダウングレード利用等、様々なライセンス形態に柔軟に対応することができます。
ライセンス関連部材については、実態と台帳を定期的につき合わせする棚卸作業に対して、棚卸ツールとのデータ連携機能を提供します。
また、ライセンスと導入ソフトウェアの一括紐づけ機能を提供いたします。
導入ソフトウェア管理
(4台帳の一つ)
インベントリツールからの収集結果と別に、導入ソフトウェアを管理することができます。
インストール前に導入ソフトウェアの利用を確定することで、ライセンス違反のリスクを低減することができます。
インベントリ収集結果を連動させることで、インストール実態を把握することができ、ライセンスを最大限に有効活用することができます。
またライセンスと一対一に紐づけをおこなうことで、ライセンス契約形態に準じた綿密な管理を実現できます。
ハードウェア管理
(4台帳の一つ)
ハードウェアを漏れなく台帳管理することができます。
インベントリツールと連携が可能なPC資産については、ツールにより検出されたハードウェア資産の変更が自動的に反映されます。
実態と台帳を定期的につき合わせする棚卸作業に対して、棚卸ツールとのデータ連携機能を提供します。
利用可能ソフトウェア管理 利用可能なソフトウェアを定義します。定義されていないソフトウェアは原則利用できず、禁止ソフトウェアの扱いとなります。
パッチ等のライセンス管理を行わないソフトウェアについては、ライセンス紐づけを行わない設定が可能です。
部門等の限定された範囲で利用する個別利用ソフトウェアを定義することもできます。
インベントリ情報からソフトウェア名称を特定するためのソフトウェア辞書の更新サービスを別途提供しております。

このページの先頭へ

ワークフロー申請機能
証跡管理・進捗管理 誰が申請し、誰が承認したのかを確認できます。また、申請書が承認待ちとなった段階で、承認者にメール通知され、ポータル上にも承認待ち件数が表示されます。
ハードウェア関連申請 ハードウェアの調達から廃棄までの一連のプロセスをワークフロー申請書として提供します。
ハードウェアの利用状況変化を起点としたライセンスの利用状況の変化をタイムリーに台帳に反映します。
また、標準PCの定義、一括導入機能を使用することで、大量PCの導入の効率化を実現します。
導入ソフトウェア関連申請 ソフトウェアの利用にかかわる変更(利用開始・利用終了等)のプロセスをワークフロー申請書として提供します。
利用開始前にライセンスとの紐づけを実施することで、ライセンス違反のリスクを低減します。
ソフトウェア利用開始申請後、インストールの確認ができない場合アラートが発生するため、ソフトウェアの利用状況をタイムリーにモニタリングすることができます。
日本マイクロソフト社製System Center Configuration Manager を御利用の場合には、ソフトウェア利用開始申請が承認された時点で、PCに該当ソフトウェアを自動インストールすることができます。
利用ソフトウェア関連申請 利用可能ソフトウェアの登録・申請プロセスをワークフロー申請書として提供します。
利用するソフトウェアについて使用許諾の承認等のプロセスを経て評価し、適切なルートを通して承認することで、不正なソフトウェア利用に関するリスクを低減することができます。
所有ライセンス関連申請 ライセンス調達~廃棄、関連部材の複製・貸出等のプロセスを、ワークフロー申請書として提供します。
ライセンス調達時の関連部材登録等、複数台帳を一括で更新することで、管理者の作業負荷を軽減し、台帳の鮮度・整合性を保ちます。

このページの先頭へ

インベントリ収集機能
オンラインインベントリ ネットワークにつながっているハードウェアのインベントリ情報を、定期的/自動的に取得する事ができます。※2
オフラインインベントリ オンラインインベントリで対応出来ない「オフラインハードウェア」及びMacのインベントリ情報収集を可能にします。
ライセンスタイプ別 OEM製品/ボリュームライセンス製品等のライセンス種別を、自動的に取得出来ます。※2
ハードウェア管理番号取得 固有のハードウェア管理番号に紐付けて、インベントリ情報を収集出来ます。※2

※2 マイクロソフト社製System Center Configuration Manager 2007を使用した場合の連携機能です。

このページの先頭へ

棚卸機能
棚卸管理 棚卸開始時点の台帳状態を保存し、棚卸用データを作成します。
棚卸実施結果をフィードバックし、是正方針を決定・保存します。
棚卸支援機能
(管理者主導)
ハンディーターミナル上で作動するバーコード読み取りベースの棚卸ツールを提供します。
棚卸用データをダウンロードし、ハンディーターミナルに連携後、バーコード読み取りによる実地棚卸を実施します。
棚卸対象に設定された設置場所情報にマッチしないデータは、アンマッチリストとして表示されます。
棚卸結果をアップロードし、棚卸データへフィードバックします。
棚卸支援機能
(利用者参加型)
ポータル上に表示される、個人別IT資産の情報から、ユーザー自身が存在有無を確認し、棚卸を行います。
管理者手動で行われる実地棚卸に比べ、工数分散する事が可能です。
資産管理番号発行管理簿 棚卸対象となるハードウェア資産、ライセンス関連部材については、管理番号に対応するバーコードシールを貼付することで、実地棚卸の負荷を低減することができます。
バーコードシールは、ロケーション等の制約から事前に印刷しておくことが多いため、発行した管理番号自体を管理する必要があります。

このページの先頭へ

ポータル・アラート・レポート
統合メニュー 当ソリューション提供機能を目的別にまとめ、ユーザーに必要な機能のみを表示するように制御します。
コミュニケーション IT資産管理にかかわるお知らせや通達をTOPページに表示します。公開範囲、有効期限等を設定することができます。※4
ドキュメント共有
関連リンク集
IT資産管理に必要な規程・規則等のドキュメントを一元管理する事が可能です。※4
社内サイトへのリンク、社外サイトへのリンクなどIT資産管理に関するお役立ち情報をまとめることができます。※4
マイページ機能 ユーザーの使用・管理するIT資産情報を集約して表示します。
棚卸期間中は、マイページから該当資産の存在有無を登録することができます。
アラート表示 ライセンス台帳に基づくアラートをポータルに表示します。
  • 例)
  • 申請済み未インストール
  • 未申請ソフトウェア利用
  • 不許可ソフトウェア利用
  • 辞書未登録
  • アンマッチインベントリ
  • 申請待ち承認件数
  • etc
組織別資産状況表示機能 導入ソフトウェア、所有ライセンス、ハードウェアについて組織別に資産状況を確認する事が可能です。台帳との差異が有る場合には、アラートを表示します。
レポートインジケーター表示 様々な分類での分析結果をポータル画面に表示します。
  • 例)
  • ソフトウェア分類比率
  • 棚卸進捗率
  • 契約期限アラートライセンス数
  • ライセンス違反件数
  • etc
ITレポート 資産状況を様々な角度から一覧表示する事が可能です。
  • 例)
  • 使用ライセンス数一覧
  • CALライセンス数一覧
  • 未許可ソフトウェア利用ハードウェア一覧
  • 利用ハードウェア一覧
  • 利用ソフトウェア一覧
  • etc

※4 マイクロソフト社製SharePoint Server 2010と連携した機能です。

このページの先頭へ




ニュースリリース

Perfect Watch for Active Directory
Perfect Watch for Active Directory
Perfect Watch for BitLocker